人生は一生勉強すべし

健康、仕事、お金、趣味、子育て、家など、あなたなお役に立つ情報をお届けします

血液検査 項目解説

当ブログの中で血液検査結果がちょくちょく出てきますので、項目ごとに内容を説明します。簡易的な内容になっていますので、詳しく知りたい場合は、病院が発行している説明を参照願います。

 f:id:suzu20132013:20210612224547p:plain

 

総蛋白・アルブミン

主に肝臓で造られアルブミングロブリンからなる。これらの量の増減から栄養状態、肝障害などの重症度が判断できる。

 

ビリルビン

胆汁の主な色素で、肝胆道系の障害で血中に増えると皮膚や粘膜に黄疸がでる。

 

ALP

主に肝臓、骨、小腸や甲状腺などの障害が起きると増加する。

 

AST・ALT

主に肝臓、心臓、筋肉などの障害があると増加する。また飲酒、運動、薬物でも増加することがある。

 

γ-GTP

肝臓や胆道の障害で増加する。また飲酒でも増加する。

 

アミラーゼ

膵臓や唾液腺から分泌される消化酵素で、膵臓に異常がある場合は増加する。

 

コレステロール

悪玉コレステロールと善玉コレステロール中性脂肪の一部が含まれる。増えすぎると動脈硬化の原因となる。

 

中性脂肪

増えすぎると動脈硬化血栓による血管閉塞の原因となる。

 

尿酸

痛風や尿路結石の原因となる物質です。

 

尿路窒素

蛋白質がエネルギーに変わる際に出る老廃物。通常は、腎臓から尿として排出されるが、腎機能が低下したり、脱水で増加する。

 

クレアチニン

腎機能を知るための検査。

 

血清鉄

血中に含まれる鉄分で、貧血と密接なかかわりがある。

 

グルコース

血糖値

 

CRP定量

炎症や組織破壊が起きていると増加する。

 

白血球数

細菌感染や炎症により増加する。また白血病などでも増加する。

 

赤血球数

数値が低いと貧血の可能性あり。数値が高いと血液が濃くなり流れにくくなる。血管が詰まりやすくなる。

 

ヘモグロビン量

数値が低いと貧血

 

ヘマトクリット

血液中の赤血球の割合を表している。貧血の軽度を判断する。

 

血小板数

出血と止める役割。数値が高くても低くても出血しやすくなる。

 

MCV

貧血原因の推測に役立つ

 

MCH

貧血原因の推測に役立つ

 

MCHC

貧血原因の推測に役立つ

 

好塩基球

アレルギー反応の中心的役割

 

好酸球

アレルギー疾患や寄生虫感染で増加

 

好中球

白血病などで高値

 

リンパ球

ウイルス感染た血液疾患で高値

 

単球

血液疾患や発疹性感染症で高値