人生は一生勉強すべし

健康、仕事、お金、趣味、子育て、家など、あなたなお役に立つ情報をお届けします

お金がない時、凌ぐための2つの方法(自己管理できる人以外にはお勧めしません)

ボーナス前や不意の出費が続くとどうしてもお金がなくなりますよね。

次のボーナスまでは、まだまだ先が長いし、どうしようと思うことがあると思います。

私も今までに何回もそういう思いになっています。

そのピンチをどうやって凌いだか、書いていきますが、自己管理のできない人にはお勧めできる内容ではありません。

ただ、ちゃんと管理できれば、有効であることは間違いありません。

 

 

 f:id:suzu20132013:20210617053813j:plain

お金がない時、凌ぐための方法。1つ目

クレジットカード

これはお金がない時、買い物はほとんどクレジットカードで支払い、その支払いをリボ払いにするということです。これをやるととりあえず、現金はびっくりするほど減らないです。まぁ当然ですよね。

当然次の月に支払がくるのですが、それをリボ払いにすれば、カード会社にもよりますが、支払額が、3,000円だったり、5,000円だったりします。

ただリボ払いの総額が大きくなると月々の支払が、10,000円を超えたりします。

私が若い頃は、この方法で何度も助けられました。

でも最終的には、払わなくてはならないので、得をしたというわけではないです。

というか、手数料という名の利子を支払わなくてはならないので、確実に損です。

そうはいってもお金がなければ生きていけないので、やるしかなかったです。

自己管理ができる人で、どうしてもお金に困っているのであれば、やる価値はあると思います。

ちなみに私は、イオンカードとauウォレットカードを使用していますが、どこのクレジットカードもリボ払いの利息は、年率18%程なので、かなり高い利率となっています。

 

お金がない時、凌ぐための方法。2つ目

カードローン

クレジットカードを比べるとちょっとハードルが高そうなイメージですが、限度額は別として、カードローンのカードは割と簡単に作ることができます。

クレジットのリボ払いと違い、完全なる借金という雰囲気があるので、皆さん抵抗があると思いますが、実際はクレジットカードのリボ払いよりカードローンの方がお勧めです。

理由は

・ATMで現金を引き出せる

・利率がクレジットのリボ払いより低い

の2点です。

カートローンの利率は、会社によって違いますが、私が持っているカードは

au銀行カードローン  年率8.5%

ろうきんカードローン 年率7%

おそらくこの二つは、カードローンの中でもかなり金利の水準は低い方です。

返済額は

au銀行カードローン  月々の返済額 借入額の1%

           (10万円の借入なら月の返済額は、1,000円)

ろうきんカードローン 年率7%  月々の返済額 20,000円(借入額に関わらず)

ただこのカードローンは注意が必要です。ATMで簡単に借入ができるので、自己管理ができない人は、自分のお金のごとく借入してしまう可能性があります。

申し込みは、ネットですべてOKです。簡単です。

 

まとめ

お金のない時の凌ぐ方法を2つご紹介させていただきました。

実際に私が今までにやって特に問題がなかったので、記事にさせていただいたわけですが、使い過ぎや借りすぎには、ご注意ください。あくまで一時的な対処法です。