人生は一生勉強すべし

健康、仕事、お金、趣味、子育て、家など、あなたなお役に立つ情報をお届けします

副収入を得るためには「投資系」と「労働系」どちらが良い?

会社員として毎日働いていますが、給与だけではお金が不足がちだし少しでも自由になるお金をほしい、ということで、ここのとこ毎日、副収入について考えています。

 

単純にアルバイト、知識を生かしてユーチューバー、ブロガー、投資で考えれば株取引やFX、外貨預金、ちょっと投資とは言えない部分だと、競馬や競輪、パチンコなどでしょうか。

 f:id:suzu20132013:20210619095434j:plain

 

副収入を得るために

副収入の分類

楽な方法⇒リスクが大きい

しんどい方法⇒リスクが少ない

 

楽な方法⇒うまくいけば、見返りも大きい

しんどい方法⇒なかなか稼げない

 

こういう構図が成り立つと思いますね。

楽な方法⇒株、FX、外貨預金、競馬、競輪、パチンコ

しんどい方法⇒アルバイト、ユーチューバー、ブロガー

大きく分けると「投資系」と「労働系」かな。

 

「投資系」について

私が実際にやったことのあるものは、株、外貨預金、競馬、競輪、パチンコですね

株取引

ネットで簡単に売り買いができるDMMを利用しています。というか利用していたという過去形です。買うことは簡単にできますが、どの株が値上がりするのか、短期で考えるのか長期で考えるのか、しっかり勉強して経験を積んでいかないとなかなか難しいです。相当数の会社があるので、何が良いのか分からないまま終わりました。

もし普通の人が株で稼ごうと思うのであれば、自分の知っている会社で将来性があると判断できるような会社の株を買うしかないと思います。それでも稼げるか分かりませんが。素人が短期的に稼ぐのは、難しいです。運よく最初に儲けがでても続きません。

 

外貨預金

これは為替に変動で差益を得るというものですが、元手が大きければ、やる価値はありますが、10万や20万円程度だと劇的に為替が変動したとしても数千円の儲けです。

手数料もそれなりにかかるので、やるのであれば100万円以上 手元資金がほしいですね。

 

競馬、競輪、パチンコ

ギャンブル系は、上記2つ(株、外貨預金)と全く異なった側面を持っています。それは負けたらゼロになるというところです。株や外貨預金は、損はしてもゼロになることは、まずないです。

ギャンブル系の魅力は何と言ってもうまくいけばリターンが大きいところです。数倍や数十倍、数百倍だって可能性はあります。当然、ゼロになるリスクも大きいわけですが。競馬でいえば、複勝という馬券種があります。レースで3着までにその馬が入選すれば、配当がつきます。他の馬券種と比較すると的中率が高いので、倍率はかなり低いです。(人気馬の場合、1.1~2.0倍ほど)ただこれも的中の確率は上がるにしても、外れてしまえば、ゼロです。

私もそうですが、副収入を欲しいと言っている人は、お金に余裕がない人なので、ギャンブルのような100か0かの投資をすべきではないですね。

余っているお金をもっと大きく増やしたいという人には、良いと思います。

 

「労働系」について

アルバイト

これは分かりやすいです。働いた時間だけお金をもらえるし、投資系と違い持っているお金が減ることもないので良いですが、会社員として働いて、さらにアルバイトとして働くのは、なかなか辛いと思います。やったことないですけど。でも本当にお金に困ったらやるしかないです。

 

ユーチューバー

今、流行りのユーチューバーです。私は、ユーチューブは見るだけで手は出していませんが、かなり過飽和状態ですよね。今がピークなんだと思いますが、今から手を出すのであれば、よほどの特異性がなければ、難しいでしょう。

ハードルがかなり高いです。

 

ブロガー

私が副収入を得るために取り組んでいるのが、これです。というか取り組み始めたという感じです。10年くらい前にブログで収入を得ていましたが、ネット世界の変動の激しさについていけなくなり、辞めてしまったんですが、それを再開しています。

ブログを書いていて思うのですが、10年前とネットの状況が明らかに違うので、苦戦しています。以前やっていた当時は、ブログを書きだして、割と早い段階で10万円以上、稼ぐことができましたが、今は違います。とはいってもこのブログを含め、5つのブログを運営しており、3~5万円ほどの収入を毎月得ることができています。

 

まとめ

大きく稼ぎたいとは誰しも思うことだと思いますが、リスクがある方法は、副収入を得る手段としては、お勧めできません。

実際に副収入を得て思うことですが、楽して稼げることはないですね。私はブログで稼いでいますが、労力は会社で働いている以上に使っているのではないかと思っています。会社の給与でやっていけている人には、副収入を得る努力をするより、節約を考えた方が絶対に良いです。お金がない人は・・・共に頑張りましょう。